エクセル関数講座 INDIRECT関数の使い方

抽出するセルのアドレスを文字列で表示(INDIRECT関数)

エクセル関数講座 INDIRECT関数の使い方

INDIRECT関数とは

INDIRECT関数を使うと、抽出するセルのアドレスを文字列で書くことができます。

【動画】INDIRECT関数の作り方

INDIRECT関数 式の作り方(1)

セル(四角のマス)に「=INDIRECT("文字列"&"文字列")」で表します。

 

 

 


INDIRECT()関数は「参照文字列」を記入します。その結果は、文字列によって書かれたものを抽出します。
INDIRECT("列番号"&"行番号")で表します。

 

 

式:「=INDIRECT("C"&"7")」

INDIRECT関数 式の作り方(2)

セル(四角のマス)に「=INDIRECT("文字列"&"文字列")&INDIRECT("文字列"&"文字列")」で表します。

 

 

 


さらに繋げる場合は=INDIRECT("列番号"&"行番号")&INDIRECT("列番号"&"行番号")で表します。
式:「=INDIRECT("C"&"8")&INDIRECT("D"&"8")」

INDIRECT関数 式の作り方(3)

セル(四角のマス)に「=INDIRECT("文字列"&"文字列")&INDIRECT("文字列"&"文字列")&INDIRECT("文字列"&"文字列")」で表します。

 

 

 


さらに繋げる場合は=INDIRECT("列番号"&"行番号")&INDIRECT("列番号"&"行番号")&INDIRECT("列番号"&"行番号")で表します。
式:「=INDIRECT("C"&"9")&INDIRECT("D"&"9")&INDIRECT("E"&"9")」

INDIRECT関数 式の作り方(4)

セル(四角のマス)に「=INDIRECT("文字列"&(セル番号))」で表します。

 

 

 

 

INDIRECT("列番号"&(セル番号))で表します。

 

 

式:「=INDIRECT("C"&(H10))」
式の意味:「C列とH10のセル番号の値「10」行目の値「東京都」を抽出します。

INDIRECT関数 式の作り方(5)

セル(四角のマス)に「=INDIRECT("文字列"&(セル番号))&INDIRECT("文字列"&(セル番号))&INDIRECT("文字列"&(セル番号))」で表します。

 

 

 

 

INDIRECT("列番号"&(セル番号))&INDIRECT("列番号"&(セル番号))&INDIRECT("列番号"&(セル番号))で表します。

 

 

式:「=INDIRECT("C"&(H10))&INDIRECT("D"&(H10))&INDIRECT("E"&(H10))」

 

式の意味:「C列とH10のセル番号の値「10」行目の値「東京都」&D列とH10のセル番号の値「10」行目の値「渋谷区」&E列とH10のセル番号の値「10」行目の値「猿楽町」を抽出します。

 

 

もしH10の値が「7」行目だとすると「C列とH10のセル番号の値「7」行目の値「東京都」&D列とH10のセル番号の値「7」行目の値「渋谷区」&E列とH10のセル番号の値「7」行目の値「宇田川町」で「東京都渋谷区宇田川町」を抽出します。
 

INDIRECT関数 式の作り方(6)

次はINDIRECT関数の少し高度な作り方です。別のシートから情報を抽出する場合に使います。

 

セル(四角のマス)に「=INDIRECT("文字列"&(セル番号))&INDIRECT("文字列"&(セル番号))&INDIRECT("文字列"&(セル番号))」では変わりません。

 

 

 

 

INDIRECT("シート名!列番号"&(セル番号))&INDIRECT("シート名!列番号"&(セル番号))&INDIRECT("シート名!列番号"&(セル番号))で表します。

 

 

式:「=INDIRECT("Sheet4!C"&(H11))&INDIRECT("Sheet4!D"&(H11))&INDIRECT("Sheet4!E"&(H11))」

 

式の意味:「Sheet4のC列とH11のセル番号の値「11」行目の値「東京都」とSheet4のD列とH11のセル番号の値「11」行目の値「渋谷区」&Sheet4のE列とH11のセル番号の値「11」行目の値「渋谷」を抽出します。
(注)シート名の後に「!」をつける事を忘れずに。
例)Sheet4!C

 

もしH11の値が「8」行目だとすると「Sheet4のC列とH11のセル番号の値「8」行目の値「東京都」&Sheet4のD列とH11のセル番号の値「8」行目の値「渋谷区」&Sheet4のD列とH11のセル番号の値「8」行目の値「桜丘町」」で「東京都渋谷区桜丘町」を抽出します。
 

INDIRECT関数 サンプル

関連ページ

合計値を出す(SUM関数)
SUM関数は、数値の合計を出してくれるとっても便利な関数です。
個数を出す(COUNTIF関数)
COUNTIF関数、1 つの検索条件に一致するセルの個数を返します。
平均値を出す(AVERAGE関数)
指定した範囲の平均値を出します。
条件による処理(IF関数)
条件によって別々の処理を行います。
文字と文字を結合させる関数(CONCATENATE関数)
複数のセルに書かれた文字を連結させる方法
日付を作成する関数
エクセル関数の日付に関する様々な使い方を教えます。
日付より曜日を出す関数
エクセルを使って日付から曜日を表示する関数です。
四捨五入する関数(ROUND関数)
ROUND 関数は、数値を四捨五入して指定された桁数にする機能です。
切り上げする関数(ROUNDUP関数)
指定した小数点第何位を常に切り上げる関数です。
切り捨てする関数(ROUNDDOWN関数)
指定した小数点第何位を常に切り捨てる関数です。
掛け算の値を出す(PRODUCT関数)
エクセルを使って作業を効率化するために、お役に立てる機能です。
割り算の値を出す
割り算し式を創ります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページ ダウンロード アプリ エクセル関数 講座 プログラム制作ご相談 お問い合わせ English-speaking